聴覚障害者のための就労移行支援(RONAスクール)を行っています

就労移行支援とは?

障害者総合支援法に基づく、障害がある人の就労を支援する障害福祉サービスです。

最長2年まで利用することができ、一般就労に必要な知識やスキルを養い、本人の適性に合った職場への就労と定着を支援する事業です。

RONAスクールとは?

耳が聞こえない人については、「ろう者」、「難聴者」という呼び方があります。

ろう者の「ろ」と難聴者の「な」を合わせることによって、「耳が聞こえないすべての人を支援する」という意味を込めて

「RONAスクール」という名前をつけました。

どんな支援が受けられるの?

就職準備
・健聴者の考え方やコミュニケーションのとり方、ビジネスマナーについて学びます。
・様々な訓練プログラムを通して自己分析を深めながら、自分に合う仕事を考えます。
・仕事に必要な基本スキルを身につけます。
職場体験実習
・実際の職場で、色々な人とのコミュニケーションのとり方を学びます。
・実際に働いてみて「良かったこと」「困ったこと」「得意なこと」「苦手なこと」を整理します。
・どんな仕事内容や職場環境が働きやすいか、スタッフと一緒に考えます。
就職活動
・自分が働きたい仕事や希望の条件を、スタッフと一緒に考えます。
・スタッフと相談しながら、自分に合う会社を探します。
・履歴書の内容の見直しや面接の練習をします。
定着支援
・就職した後も、スタッフが定期的に職場へ訪問します。
・生活面の相談もできます。
・一緒に働く上司や同僚の方へ、職場環境を整備するための支援をします。

一日の流れ(例)

9:30朝礼
9:40個別課題
・パソコンを使ってExcelの学習
・履歴書の作成
12:00昼休み
13:00コミュニケーション講座「アサーション」
テーマ:相手に筆談をお願いする時のセリフを考えよう
15:00終礼

利用までの流れ

相談予約
まずは相談予約をお願いします。
見学・面談
実際に通う場所を見学していただきながら、支援内容を詳しく説明します。
申請
居住地の区役所等へ申請
聞き取り調査
区役所等による心身の状況などに関する聞き取り調査
サービス等利用計画(案)提出
相談支援事業者または自分で作成したサービス等利用計画(案)を提出
支給決定
申請を行った区役所等から受給者証が発行される
サービス等利用計画の提出
支給決定に係るサービス等利用計画を提出
東京聴覚障害者支援事業所RONAスクールと利用契約
利用契約の手続きを行う
Print Friendly, PDF & Email